少年のような

 「男の子みたいな女の子というのは彼が考える女の子の理想といってよかった。」

 
 さて、それはいったいどういうことか?それを知りたくば、ジョージ・メレディス『リチャード・フェヴェレルの試練』の第二十六章にてかわされる、リチャードとカローラの会話を見て頂くほかあるまい。
 
 小学生の時分に、友人と揉み合いの格闘(という名のじゃれあい)をしたことがある方にはわかっていただけるかもしれない。あれは一種の発情期と言ってもよいと思う。あの時に感じた倒錯は、今も私の記憶の中にある。そのじゃれ合いにはゴールが無かったのである。